Difference between revisions of "Howto Use TOpenDialog/ja"

From Lazarus wiki
Jump to navigationJump to search
Line 5: Line 5:
 
簡単な説明:
 
簡単な説明:
  
1. OpenDialogのウィジェットをFormに配置します。(アイコンは実行時には表示されませんので、Form上のどこにおいても大丈夫です。)
+
1. OpenDialogをFormに配置します。(アイコンは実行時には表示されませんので、Form上のどこにおいても大丈夫です。)
  
 
   [[Image:Component_Palette_Dialogs.png]]
 
   [[Image:Component_Palette_Dialogs.png]]

Revision as of 03:09, 23 May 2009

Deutsch (de) English (en) español (es) suomi (fi) français (fr) 日本語 (ja) polski (pl) русский (ru) slovenčina (sk)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

簡単な説明:

1. OpenDialogをFormに配置します。(アイコンは実行時には表示されませんので、Form上のどこにおいても大丈夫です。)

  Component Palette Dialogs.png
  (OpenDialogは「Dialog」タブの左端)

2. 下記を参考にコーディングします。

   var filename : string;

   if OpenDialog1.Execute then
   begin
     filename := OpenDialog1.Filename;
     ShowMessage(filename);
   end;

Executeメソッドによりファイルを開くダイアログが表示されます。 ファイルが選ばれたときは true が返り値となり、キャンセルしたときは false が返り値となります。

Filenameプロパティは、 ドライブ名とパスを含んだファイル名(ファイルへのフルパス)を返り値とします。

See also